LASIK/PRK後の白内障手術

猫5

LASIKやPRKが、日本に導入され20年程度が経過しました。
LASIK/PRK手術を受けた人も、加齢とともに白内障が進み、白内障手術(水晶体再建術)が必要な人も増えてきました。
LASIK/PRKは、角膜への手術で、白内障手術は水晶体への手術なので、LASIK/PRKを受けていても、白内障手術自体は同じです。
ただし、屈折矯正手術後では、白内障術後の屈折には影響があります。

白内障手術は、水晶体に穴をあけ核・皮質を破砕吸引し、人工水晶体(人工レンズ)を挿入します。角膜に乱視が有れば、そのまま手術後に乱視が残ります。乱視用人工レンズも有りますが、なかなか予想どうりにはいきません。また、乱視矯正のない多焦点眼内レンズの挿入の場合に、特に問題になります。

LASIK/PRK手術をうけている人では、手術のときに角膜乱視を矯正しているので、白内障手術後に大きな乱視があることは稀です。ただし、挿入レンズ計算式の問題で、手術歴を無視すると予想より遠視になることが普通です。なので、LASIK/PRK手術歴は必ず申告してください。

白内障手術後には、多少の屈折異常があるのが普通で、眼鏡を掛けたほうが良く見えます。眼鏡が無理なら、希望があればLASIK/PRK(屈折矯正手術)の出番です。既にLASIKを受けて入る人は、フラップ作成済みなので単なる追加矯正で低コストです。

LASIK/PRK手術後で、当院で白内障手術を受ける人は、残存屈折異常にたいする追加矯正は、無料でおこないます。

  • 当院LASIK/PRK、他院白内障手術でも無料で行います。
  • 他院LASIK/PRK、当院白内障手術でも上記のとおり、無料です。
  • 他院LASIK/PRK、他院白内障手術は、片眼・両眼8万円です。
  • 他院白内障手術、当院新規LASIK/PRKは、片眼8万円、両眼12万円です。