緑内障
猫4
0 SGL(Stellate Ganglion Lizer)
星状神経節近傍直線偏向近赤外線照射治療

SGLとは、麻酔薬を注射する星状神経節ブロック(SGB) ではなく、首にある星状神経節 という交感神経節に近赤外線照射をして機能を抑えることにより、顔面、眼球、頭部等の 血液の循環をよくして、治療効果を期待する方法です。副作用は事実上ありません。


0 緑内障とは
緑内障とは眼圧( 眼内圧 )が高すぎて、視野狭窄が進行する病気です。 したがって、手術や点眼内服で眼圧を下げるのが、直接の治療ですが、眼圧が正常範囲に なっても、視野狭窄が進行することが知られています。この場合は、眼の循環障害が大き く関係していると考えられています。

緑内障に、この方法を最初に行って、改善する筈がないと思われていた緑内障の視野狭窄 が改善することを学会発表されたのは森茂先生( 諫早市 )です。 当院でも開始したところ、確かに自覚的にも明るくなり、視野も改善することが判明しま した。 この治療は、週に1 〜 3回の頻度で、数カ月間は続ける必要があるために、自宅からの距 離が遠いと交通費のほうが高くついてしまいます。京都府では当院以外の眼科では、博愛 会病院眼科( TEL 075-781-1131) が同じ機械で同じ目的に治療しています。 眼科の他の病気では網膜血管循環障害(網膜静脈閉塞症など)の初期にも使用します。


0 SGL 治療の成績(n=25)
データは『緑内障で、視野狭窄があり、本人も狭窄を自覚している人』で『3 ケ月間に、 週に 1度以上の頻度で治療できた人』を対象としました。

自覚的に、治療前に比べて
暗くなった 0%
変化ない 56%
明るくなった 44%

静的視野(OCTPUS 1−2−3)の網膜感度
低下 40%
改善 60%

と、治療したほうがやや良いという結果です。





東京医研社製スーパーライザーHA2200TP1 の治療風景